ペイントミュージアム

ペイントミュージアム

HOME > ペイント館のブログ > 塗料の特長 > 日々の話題

ペイント館のブログ

何気ない日々の話題

» 1 2 3 4 5 6 7 8

小さい春みつけた!

2011-1-25-ume.jpg この梅は、とある住宅地の公園で見つけました。お天気はよかったものの、気温は低く、撮影者である私は、ジャンパーに帽子、マフラーと重装備で・・・。

美しく、可憐に咲いている花を見つけた時はうれしさと同時に恥ずかしさも・・。

この冬は本当に寒くて、毎日毎日心が折れる思い。
でも、季節は必ず春を運んで来るのだと勇気がわいた一瞬でした。
早く暖かくなって欲しいですが、
花粉症である私はその思いも少し複雑なのでした。


世界の家の色(2)モノグラムペイント外壁

Louis-Vuitton_Burberry.jpg

2011年がスタートしました。今年こそは、このブログももっと話題を多くしたいと思っています。
前回、世界の家の外壁紹介をしましたが、またまた面白い家を見つけました!
良い、悪いは横に置いておいて、ここまで遊べる(楽しめる)精神が羨ましく思いました。
また次回も楽しい家を発見したら ご紹介します。


ドラセナの木の臭いは?

100904-VeneziaBurano.jpg 100904-VeneziaBurano.jpg ペイント館には、ユッカ(青年の木)・パキラ・ドラセナ(幸福の木) 3種の観葉植物があります。 先月のことですが、ドラセナに異変が・・・。 明らかに葉とは違う芽のような物が中心から顔を出しました。 WEBで調べたところ、花芽の疑いが。 夜、きつい臭いとともに咲くらしいという事でした。 異変から約2週間後、本当に開花しました。 最初に気付いたのは臭いの方でした。 ジャスミンの花の香りをもっと青臭くしたような・・。 とにかくすごい臭いでした。 夕方4時過ぎて、暗くなり始めると芳香が・・・、 ああ、花が咲いたな・・。って分かるのです。 花はとっても可憐です。 約10日間程頑張って咲いてくれました。 臭いはすごかったんですが、あまりの健気さに 切ってしまうには忍びなく、最後まで見届けました。

画像の下段が花のアップ画像です。


世界の家の色(1)ベネチアブラーノ

100904-VeneziaBurano.jpg 先日、あるテレビ放映を観ていたとき、ベネチアのブラーノという町の家が、紹介された。 その町は港町で、家の色がとてもカラフルで綺麗です。 早朝の漁を終えて、帰ってきた漁師たちは、濃霧の中でも見分けがつくように 各家の色が目印となるそうです。さらに、家の建材は古い船の板を塗装してリサイクルしているそうです。 まさにエコな暮らしです。かわいい色合いに、心揺さぶられました。

黒いロールケーキ

091218-cake.jpg かなり久しぶりのブログ更新です。 今回のブログネタは「竹炭」。

写真の黒い物体は、雑誌で紹介されていた竹炭ロールケーキ。
竹炭がスポンジに配合されているそうです。
私の嫁さん曰く・・・巨大な太巻き寿司・・・だそうです。
早速現物を購入しました。
味はカシスの酸味が程よく効いて、ロールケーキとしてはサッパリしていて、美味しく頂きました。




当店でも、アトムハウスペイントの製品で竹炭塗料を販売しています。
室内用の塗料ですが、竹炭の効果で消臭効果があるそうなんですが、
今回紹介したロールケーキに消臭効果はあるのでしょうか??
加齢臭防止とか・・・


ステンシル壁画をしてみませんか?

ステンシル壁画

外壁や塀にちょとした、アクセントにステンシル壁画してみませんか?

制作過程

◆外壁を洗浄し、乾燥後に下塗材を塗って乾かします(アトムハウスペイント水性シーラー下塗材を使用しました)。           ステンシルベース枠をつくります。淵を新聞紙をちぎって、あえて真っすぐなラインではないラフな感じを作ります。



◆スポンジ(100円均一で売っているお風呂洗い用のスポンジを使いました)に

アクリル絵の具(オフホワイト、ゴールド系、ホワイト)
をつけてスポンジング(叩き付けつけるように)して着色する。






◆マスキングを外したところ、角のところは茶色を少し濃いめにグラデーションをかけてあります。

縁がギザギザしていて、きっちりまっすぐな縁ではないほうが「それなり」に見えるので初心者向きです。。






◆次は、中の楕円縁を作り、型を切り抜き、マスキングする。

楕円形の作り方は、大きな紙を四つ折りして大体の目安でハサミで切り抜いたもの。





◆縁から中側にかけてグラーデーションになるように力加減に気をつけながら

叩くように着色する色はサーモンピンク、白、イエローオーカーなど。。




◆次は、先に切り抜き作成したステンシル型紙で、着色。型は葉のパーツと実のパーツと2版に分けて切り抜きました。 色は、オリーブグリーン、イエロー、ブラック、アイボリー、赤錆色などの絵具で描きました。



◆次はオリーブの実の版で スポンジングします。細かい図柄の時は、小さいスポンジや

専用ブラシ(ステンシル用ブラシかディアフットブラシなど)を使った方が奇麗です。




◆葉と実が仕上がった部分です。オリーブは紫、グリーン、ホワイト、青などの色を混色して描いてます。



◆全体の感じです。




◆文字を入れて、バラを描きたしました。文字は型を切り抜きステンシルで、バラは直接、筆で描きました。





» 1 2 3 4 5 6 7 8


ページの上へ

?