ペイントミュージアム

ペイントミュージアム

HOME > ペイント館のブログ > 塗料の特長 > 日々の話題

ペイント館のブログ

何気ない日々の話題

» 1 2 3 4 5 6 7 8

2017.8.5 石ころアートのワークショップ開催しました。

20170805-nokendai.jpg

8月5日(土) シティ能見台の一角にて お子様向けに
石ころアートのワークショップ開催しました。

絵具は ターナーの 工作君くん という比較的何にでも描ける 水性の乾くと耐水になる
塗料を使いました。
キレイに塗るコツは 塗って 乾かし 塗って 乾かし また塗って 乾かすという 作業を根気よく
やれば キレイにしあがります。

子どもたちは 乾く時間が惜しいらしく すぐに 生乾きの段階で触ってしまうので(笑)苦労していましたが
個性色々 様々な石ころアートが完成しました。

セミの抜け殻も 塗られてました!!(笑)


2016年夏のペイントワークショップは・・・

2016-7-22-23.jpg

7月22日(金) 23日(土)と二日間開催し、漆喰塗料のインテリアボードを作りました。 夏らしい 貝を貼って漆喰を塗るだけというシンプルなものですが、出来栄えはとても素敵で プレートにブリキ板を使ったことでマグネットも使用出来、消臭効果も良いので玄関などのオブジェにもってこいのアイテムでした。
漆喰塗料は3回ほど塗り、仕上げはたっぷり塗ります、塗料の量が多いことで消臭効果も増します。

貝を貼る場合は瞬間接着剤を使用しました、乾かわないと次の工程に進ません。

それぞれ 素敵な作品が完成し、楽しんでいただけたと思います。


2016年春のペイントワークショップ開催しました。

2016-4-26.jpg

4月22日金曜日と23日土曜日 いずれも午後1時より開催しました。

今回は 内装壁の塗装とその壁にステンシルアートを施すという二つをコラボレーションしたとても濃い内容にて
開催しました。塗装は知っているととても役立つコツがたくさんあります。そんな目からウロコ技を実体験してそこからさらにステンシルでアートな世界に飛び込みました。てんこ盛りな内容で少し大変だったかな?と心配しましたが、参加者の皆様も一生懸命、実地体験をしとても参考になったと声が多くお役にたったようでスタッフ一同ほっと致しました。


2015 11月・12月ワークショップ開催しました。

11月・12月のワークショップ(塗装講習会・クラフトペイント講習会)は「真っ赤なクリスマスプレート」を作りました。

ターナー工作キットはとても便利なペイントセットです。ビニールなどにも描けちゃう優れものです。さらに発色もキレイです。
今回、ペイント館では発色のキレイな赤をメインにして、クリスマスプレートを制作しました。
担当 長島デザインであの技この技と、初心者でも気楽に仕上がるように工夫しています。

作り方は画像をクリックしますと テキストPDFが開きます。


作り方テキスト



■すのこプレートは100均ショップのものを組み合わせて作っています


■ダイカットマシーンのツリーのダイも使用しています。


■ステンシルの素材は当館にてカッティングして用意したものです。



2015年夏のワークショップと称して開催したものは・・

イベント、塗装講習会、クラフトペイント講習会 などの名目で開催していましたが、この夏からは ワークショップとして開催しました。

ターナーのミルクペイントや ひび割れを施すクラックル剤などを使って、「シャビーシックペイントのインテリアプレート」を作りました。

作り方は画像をクリックしますと テキストPDFが開きます。


作り方テキスト



■すのこプレートは100均ショップのものを組み合わせて作っています


■ステンシルの素材は当館にてカッティングして用意したものです。


定員満席にて、参加してくださった方々も大変喜んでくれました。ありがとうございました。


ペイント館 春のカード(2月・3月)

2015-2-mejiro.jpg 2月は毎年とても 短く感じますが、今年はさらに短く感じ、 あっという間に 後半になってしまったので 2月・3月分をまとめて春のカードとして 制作しました。

今回は C Gで描いています。メジロと花 という素材は ベタな感じもしますが
愛らしい小鳥さんの かわいい眼と羽毛の色合いに惹かれ描いてみました。

C G sai クレヨンツール  フォトショップ にて 制作


クリエーター もに


» 1 2 3 4 5 6 7 8


ページの上へ

?