ペイントミュージアム

ペイントミュージアム

HOME > 塗料のミニ知識 > 色について > 色選びのポイント

色について

色選びのポイント

毎日目にする我が家の色選びはとても慎重になりますね。ペイント館ではなるべく皆様のイメージに近付けるよう、色選びのポイントをまとめました。どうぞ参考にして下さい。

1、色あせしないか?

塗替えた時の色を長い間楽しむためには、紫外線に弱いとされる原色を使うのは避けたほうがよいです。(淡いきれいなピンク、バイオレット、イエローなどのキレイな色など)

2、下地を覆い隠す事ができるか?

明度の高い色、彩度の高い色は隠ぺい力が劣ります。素地のむらが出たり、予想と違った色の「みえ」になることがあります。
鮮やかな色を使う場合は少し明度や彩度を落とすことで、大きく隠ぺい力が向上することが多いので考慮が必要です。

3、汚れの目立ちやすさ

汚れは塗替えの動機の第一位です。耐汚れ性のよい塗料を選ぶことはもちろんですが、なるべく明度、彩度も高い色を避け、ベージュやグレーなど土や油煙などの、汚れの目立ちにくい色を選ぶことも一つの考え方です。また艶有りの塗料は汚れが付着しにくく、目立ちにくいのでこの点も考慮したいものです。

4、艶(光沢)について

塗料で表現できるのは色だけではありません。塗料には基本的に艶(光沢)があり、艶(3分艶・7分艶・艶消し)の選択ができます。艶を消す為には「つや消し剤」を塗料に加える事で調整します。また光沢は低明度・高彩度であるほど光沢が増して見えると言われます。色の選択の際は艶による色の見え方の違いにも注意が必要です。

5、塗料の材質感

塗料には自然石調仕上げなど意匠性についても、幅広い表現力があります。外装ではリシン、波型、スタッコなどさまざまなテクスチュアや専用のローラーやコテを使って仕上げるパターン付け塗装も用意されています。材質・模様のパターンによって同じ色でも見え方が変わるので注意が必要です。

6、色見本について

色を選択するときは、イメージ通りの色に仕上げる為にも、塗料で塗装された塗料用色見本を使うことが望ましいです。印刷された色見本などで色を決めると、印刷のインキは厚みが薄く紙の色が透けて見えているために色の「みえ」が塗料と異なることが多くあり、イメージと違う色になってしまうので注意して下さい。
また、一般的に色見本は建物に塗った時よりも色の「みえ」が濃く感じるので選ぶ際には考慮が必要です。

7、日光による色の見え方

建物は日光により色の見え方が大きく変わります。晴天のときなど北面と南面ではまったく違う色に見えてしまいます。時間によっても太陽光線の色が変わるので、色の見え方はまったく異なります。色選びのときは日中、建物の正面(見られることが多い面)を基準に決めるほうがよいでしょう。また、晴天・曇りなど天気によっても色の見え方は変わるので確認するほうがよいでしょう。


ページの上へ

?